石川歯科ブログ blog

虫歯を放置したらどうなるのか

2018年9月16日 (日)

カテゴリー :

みなさんは虫歯だと診断されたことはないでしょうか。虫歯は放置してしまうと必ず進行してしまう病気で、放置は厳禁です。お口の中の病気は基本的に免疫力で回復することが見込めず、放置していくと非常に厄介なトラブルを招いてしまいます。今回は虫歯を放置するとどうなるのかみなさんに詳しくご紹介いたします。

 

虫歯というのはお口の中の汚れに住み着いている微生物が原因で起こる病気です。お口の中の微生物は食べ物の糖分などを分解し、酸を作り出し、歯を溶かしてしまいます。このため、長期的に虫歯を放置してしまうと徐々に歯が溶け出し、症状が止まったり回復することはありません。

 

虫歯は初期の段階ではエナメル質という部分にとどまる程度の虫歯なのですが、その後虫歯が進行して行くとやがて象牙質という部分にまで虫歯が進行してしまいます。このような状態になると痛みを感じることがあり、さらに放置しているとやがて象牙質の内側にある歯髄という神経と血管の塊の部分にまで虫歯が進展し、炎症が強くなってしまいます。このような状態になると日常生活にさまざまな支障をきたしてしまうので、しっかりと注意する必要があります。さらに虫歯を放置し続けていると歯の根の先端部から微生物の作る有害な成分が漏れ出してしまい、骨の内部で炎症がおこります。このような状態では歯を残すのも難しくなってしまうので、定期的に歯医者の検診を受け、しっかりと治療を受けるようにしておきましょう。

ご予約・お問合せはこちらからお気軽にどうぞ! TEL 03-3425-5579

ご予約・お問合せ

logo

〒755-0011 山口県宇部市昭和町4-1-17
TEL 0836‐31‐5060

診療時間
09:00 - 12:00 -
14:00 - 18:00 - -

受付は午前11:30まで、午後17:30まで
★:土曜 8:30~15:00(受付は14:30まで)

LINE歯並び相談