虫歯の進行と最適な治療

【う蝕0~1度】痛みはなく、歯の表面に小さな穴があいているC1
●症状
歯の表面を覆っているエナメル質が虫歯菌によって溶かされています。歯に小さな穴があいていますが、まだ象牙質に達していないため痛みはありません。

●治療
削らなければならない部分にフッ素、リカルデントなどを用いて再石灰化を促します。

【う蝕2度】冷たいものや甘いものを食べたときにしみるC2
●症状
虫歯が象牙質に達しているため、冷たいものや甘いものがしみて、歯に触ると痛みを感じます。

●治療
虫歯の範囲が小さい場合は保険適用の白い詰め物をし、虫歯の範囲が広い場合は麻酔をかけて虫歯の部分を取り除き、詰め物を製作して装着します。

【う蝕3~4度】激しい痛みを感じるC4
●症状
虫歯菌が象牙質まで溶かし、神経まで達した状態です。激しい痛みを感じることが多く、神経が壊死してしまった場合は膿が出たり歯ぐきが腫れたりします。

●治療
根管治療を行います。麻酔をして壊死した神経や膿を徹底的に取り除き、被せ物を装着します。症状によっては抜歯する場合もあります。

まずはご相談ください

まずはご相談ください 県外からお越しの方 車でお越しの方
お問い合わせフォーム