« 2017年9月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
2016年9月 5日

ドックベストセメント 〜宇部でむし歯治療なら石川歯科〜

docs.jpgドックベストセメント(ドックスベストセメントととも言います)とは、アメリカで開発されたお薬で、今までのむし歯菌を削って治すという治療法とは異なり「むし歯を削らないでミネラルで殺菌し再生する」 という画期的なものです。ドックベストセメントは、アメリカ最大の歯科関連団体であるADA(アメリカ歯科医師会)において安全な薬剤として許可を受けています。


ドックベストセメントに含まれる銅などの様々なミネラルがむし歯菌を殺菌、そして虫歯菌の酸によって軟らかく溶けかかった歯質を硬くしてくれます。
つまり、ただ虫歯が治るだけではなく、再発を予防してくれる大変優れたお薬です。ドックベストセメントのミネラルはむし歯菌を殺菌する成分を半永久的に出し続けます。


通常のむし歯の場合

通常のむし歯の場合、麻酔をしてドリルでむし歯を削りますが、そうすると健全な歯質にも目に見えないレベルの微少なクラック(ひび)が生じ、むし歯の部分をプラスチックで削ってもその周りのクラックの部分からむし歯がまた進行することになります。

当院では「削らない治療」をご提案しております。むし歯はドリルを使わずに取れる分だけ取り、その上からドックベストセメントを塗布し、最終的にセラミックを含有した硬質プラスチックで穴を塞ぎ治療を終了します。

神経を取らなければならないぐらいの深いむし歯の場合

通常の保険診療の範囲であれば大きく深いむし歯の場合は歯の神経を取ってしまいます。そして神経を取った後にはゴムを詰め、上から銀の被せを入れたら終了です。しかし、歯の神経をとても複雑な形をしており全部を取りきることは不可能であり、取り残した神経は腐敗し最近の住み処となり将来的には根っこの先に病巣を作る可能性がとても高いのです。その病巣はただ単に痛みを出したり腫れたりというだけでなくリウマチや心内膜炎、卵巣嚢胞、消化管疾患などの全身疾患に罹患することがわかっています。

当院では「歯の神経を取らない治療」をご提案しています。むし歯はドリルを使わずに取れる分だけ取り、その上からドックベストセメントを塗布し、通常のむし歯と同じように最終的にセラミックを含有した硬質プラスチックで穴を塞ぎ治療を終了します。

また当院ではストリークレーザーとの併用をお勧めしています。レーザーにより初期むし歯の表面を焼き固めてしまうことによりむし歯菌を滅菌し、なおかつ歯質を強化することによりむし歯が再発するのを防いでくれます。ストリークレーザーとドックベストセメントを一緒に使うことにより効果が倍増します。

ドックベストセメントとストリークレーザーによる処置はすべて保険外治療になります

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ishikawa-dental-clinic.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/541

医療法人光翔会 石川歯科医院 理事長・院長・歯学博士 石川正俊
医療法人光翔会 石川歯科医院
理事長・院長・歯学博士
石川正俊
http://www.ishikawa-dental-clinic.com/

Google +1