ダイレクトボンディング(自費診療)

ダイレクトボンディング虫歯で開いた穴を詰める場合、保険治療ではレジンという白い合成樹脂を使用します。この保険材料は吸水性があるため、食べ物や飲み物によって短期間で変色してしまいます。またきれいに磨いても、表面が柔らかいため少しずつすり減ったり傷がついてざらざらになったりするため、審美性や耐久性に問題があるのが難点です。

そこで当院では、これらの欠点をなくした材料を用いて穴を詰める新しい術式「ダイレクトボンディング」をお勧めしています。GC社製のレジン「グラディアダイレクト」を使用し、審美的な修復ができるようになりました。

自然で美しい白い歯を実現
グラディアダイレクトは、エナメル質、象牙質などの質感に似せた色や透明性の異なるペーストが豊富に揃えられており、これらのペーストを積層築盛することで、天然歯のように自然観あふれる美しさの再現が可能となりました。セラミックを含有しているので耐久性にも優れており、変色しにくくすり減りにくい特性を持っています。

ダイレクトボンディング次へダイレクトボンディング

まずはご相談ください

まずはご相談ください 県外からお越しの方 車でお越しの方
お問い合わせフォーム