ビムラー&ネオキャップ小児矯正システム(歯を抜かない矯正治療)

Bimler(ビムラー)とは、取り外しのできる、舌や唇、頬の力のバランスを整える機能矯正装置です。就寝時(症例によっては昼間の2~3時間も必要)の使用により、噛む力と舌・唇の力などで歯と顎に働きかけて上下の歯並びを整え、自然な感じの顔立ちに整える矯正治療です。

ビムラー&ネオキャップ小児矯正ビムラー&ネオキャップ小児矯正ビムラー&ネオキャップ小児矯正

ヨーロッパでは50年以上の歴史がある矯正
従来、日本ではアメリカ式矯正が主流であり、永久歯になってから抜歯してブラケットやワイヤーで歯を動かす矯正治療が多く行われてきました。しかしこの数年で矯正治療は目覚ましく進歩し、子どもの頃からスタートすれば、非抜歯でワイヤーも使わない革新的な方法が開発・確立されました。それが、ビムラー&ネオキャップ小児矯正システムです。

もともとビムラー装置は、ドイツのビムラー博士によって50年以上前に考案され、ヨーロッパ諸国では広く取り入れられてきました。長野県の歯科医師である永井光希子先生が日本人の子どもに合うようにネオキャップシステムを開発され、さらにビムラー装置そのものにも数々の改良を加え、最新の小児矯正システムとして生まれ変わりました。

第一人者の直接指導により、治療を導入
日本ではまだ本格的に導入している歯科医院は数少ないのですが、当院では早くからこの治療に注目し、院長・副院長とも、永井光希子先生(光希歯科医院)と、ビムラー装置の開発者である故ビムラー博士のご息女バーバラ・ビムラー博士の直接指導を受けました。すでに多くのお子様が当院で治療を受け、好評を得ています。

まずはご相談ください

まずはご相談ください 県外からお越しの方 車でお越しの方
お問い合わせフォーム