保護者の方からの小児矯正に関する質問にお答えします

Q.何歳から始められますか?
A.5~8歳半が適していますが、それ以外の年齢でも可能な場合がありますのでご相談ください。

Q.装置をつけるのは、本当に夜寝ているときだけでよいのですか?
A.乳歯が残っている年齢の場合、寝ているときに装置を入れるだけでかなり歯並びがよくなります。ただし年齢が進むほど歯の動きが遅くなるため、昼間も医師が指示する時間の装着が必要です。

Q.ネオキャップは何のために入れるのですか?
A.歯に高さを出し、噛み合わせを拡げることにより舌の動きをよくし、口唇力を強めます。また6歳臼歯が正しく生えてくるように誘導します。

Q.乳歯にネオキャップを被せるととても噛みにくそうですが大丈夫ですか?
A.問題ありません。一時的に噛みにくくなりますが、1~2週間で慣れてきますので、お子様を励ましながら見守ってください。

Q.治療にはどのくらい時間がかかりますか?
A.約4~5年を目安としており、お子様の歯並びが安定したときが治療を終える目安です。

Q.朝起きるとビムラー装置が外れてしまっているようですが、問題はありますか?
A.ご心配はいりません。舌の力、口唇の力のバランスがビムラー装置と調和するようになれば、外れない日が増えてきます。

Q.ビムラー装置以外に、何か別の矯正装置を併用することはありますか?
A.年齢的に遅く矯正を開始した場合、治療を早く進めるために3Dリンガルアーチという矯正装置を併用することがあります(別途料金がかかります)。固定式ですが、比較的負担の軽い装置です。

Q.ネオキャップやビムラー装置を入れてから、歯ぎしりが強くなった気がします
A.心配はいりません。本来、乳歯から永久歯に生え変わる時期は、歯ぎしりをする子どもが多いようです。また、装置をつけた当初は違和感から歯ぎしりが強くなることがありますが、いずれは減少してきますのでご安心ください。

Q.ビムラー装置が壊れることはありますか?
A.ビムラー専用の材料を取り寄せ、専門の歯科技工所にて製作していますが、装置は歯並びを治す過程で噛み合わせの力により壊れてしまうこともあります。すぐに専門の技工所で修理しますのでご安心ください。修理料金は別途3,500~6,000円ほどかかります。

Q.風邪を引いてビムラーをつけるのがつらそうですが、どうしたらよいですか?
A.風邪が治るまで外しておいてください。体調が戻ったら、再度使用してください。このように取り外しができるのもビムラー矯正装置のメリットです。

まずはご相談ください

まずはご相談ください 県外からお越しの方 車でお越しの方
お問い合わせフォーム