歯周病は全身疾患とも大きな関わりがあります

歯周病歯周病菌は、お口の中だけでなく、全身の病気を引き起こすことが最近の研究で明らかになってきました。歯ぐきには血管が多数あるため、歯ぐきからの出血時に歯周病菌が血管に入り込み、全身へと運ばれていきます。そして、棲みついた先の臓器でさまざまなトラブルを引き起こすのです。全身の健康維持のためにも、歯周病の治療と予防は重要です。

細菌性心内膜炎
細菌性心内膜炎のほとんどは、歯周病菌が原因です。また歯周病菌は血栓を形成し、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす危険性が指摘されています。

糖尿病
血糖値の高い状態が長く続くと、歯周組織に炎症を起こしやすくするだけでなく、歯周病の進行を早めることが知られています。

誤嚥性肺炎
細菌を含んだ食べ物や唾液が食道を通らず誤って気道に入ってしまうと、細菌が肺や気管支に感染して発症します。高齢者や寝たきりの方に多くみられます。

早産
歯周病菌が出す毒素や炎症性物質が血液中に入って胎盤を刺激することにより、胎児の成長に影響を与えたり子宮の収縮を促したりするなど、低体重児出産や早産のリスクが高まると言われています。

まずはご相談ください

まずはご相談ください 県外からお越しの方 車でお越しの方
お問い合わせフォーム