5人に4人が歯周病!やがて歯をなくす原因にも

歯周病日本では成人の約80%がかかっていると言われる歯周病は、歯を支えている骨を溶かしていく恐ろしい病気です。サイレント・ディジーズ(静かなる病気)とも言われ、気づいたときにはかなり進行しているのが特徴です。そのまま放置しておくと最後には歯を失うことも多いのです。

<歯周病の主な症状>
・歯ぐきから出血する
・口臭がひどくなってきた
・口の中がネバネバする
・歯ぐきが赤くなっていたり、腫れていたりする
・歯ぐきから膿が出る
・歯ぐきが下がって歯が長くなったように見える
・歯がグラグラする

歯周病の原因とは
歯周病の原因は、歯垢や歯石に存在する細菌(歯周病菌)とそれらの菌が作り出す毒素によるものです。歯周病菌は生まれたての赤ちゃんのお口の中には存在しません。夫婦間(水平感染)や親子間(垂直感染)により感染します。そして、お口のケアや不規則な食生活などが関わる生活習慣病でもあります。

歯周病はどのように進むのでしょうか?
歯周病の進行

●正常な歯ぐき
歯ぐきは引き締まり、出血もありません。

●初期の歯周病
歯ぐきが少し腫れて、歯石がついています。

●中等度の歯周病
歯ぐきの深いところに歯石がつき、骨がなくなりつつあります。

●重度の歯周病
骨が半分以上なくなり、歯がグラグラしてきます。

まずはご相談ください

まずはご相談ください 県外からお越しの方 車でお越しの方
お問い合わせフォーム