バネのないフレキシブルデンチャーで快適な生活を

入れ歯治療

痛い、合わない、噛めない、人前で笑えないといった入れ歯のお悩みはありませんか?当院では、しっかり噛めて装着感のよい入れ歯をご提供しています。

しっかりと噛め、装着感もよいと好評のフレキシブルデンチャー。インプラントのように手術の必要がなく、従来の入れ歯やブリッジのようにほかの歯に負担をかけない入れ歯ですので、今までの入れ歯のお悩みを解決できます。

※フレキシブルデンチャーは自費診療となります。料金は症例によって異なりますのでご相談ください。フレキシブルデンチャーの資料請求はこちらから

装着感にも審美的にも優れた【フレキシブルデンチャー】

部分入れ歯では「バネが目立って入れ歯を入れていることがわかってしまう」とお悩みの患者様が多いようです。そのお悩みを解決するのが、バネのない入れ歯「フレキシブルデンチャー」(一般的にはノンクラスプデンチャー)です。

フレキシブルデンチャーフレキシブルデンチャー

フレキシブルデンチャーは、金属のバネ(クラスプ)の代わりに十分な強度と柔軟性を備えた特殊な樹脂、アルティメット樹脂を使用しています。この樹脂は、歯に接触する床部分を薄く作るほどその弾性が増し、歯牙をしっかりと挟み込むので、歯に引っかけるバネ(クラスプ)を使用せずに入れ歯が製作できます。

<フレキシブルデンチャーのメリット>
・従来の入れ歯のような不自然さを大幅に軽減でき、目立たない
・従来の材料(アクリルレジン)の約1/10の吸水率で、臭いがつきにくい
・比重が軽いため、装着時の違和感が少ない
・ひずみが小さいため、歯ぐきへの適合に優れる
・インプラントのように手術をしなくても済む
・ブリッジのように歯を削らなくてもよい

柔らかすぎるノンクラスプデンチャーの問題点
現在、とても多くの種類のノンクラスプデンチャーが出回っています。しかし、一般的にノンクラスプデンチャーと言われる義歯には「柔らかすぎて1年前後でユルユルになる」という弱点があり、柔らかいため破折が頻繁に生じます。

当院には、他院で作られたノンクラスプデンチャーが「ゆるい」「壊れた」という患者様が多く来院され、フレキシブルデンチャーを選ばれています。

よりよい入れ歯で、患者様の生活の質を向上させることが願いです
当院で製作するフレキシブルデンチャーは、現時点で最も強いと考えられる樹脂を使用しているため非常に壊れにくくなっています。また、提携先の技工所が保有する特許技術が使用されているので、経年変化によって義歯がゆるんできた場合でもきつく締め直すことができます。他と比較して、長持ちする信頼性の高い義歯をご提供します。

インプラントを入れる前にお試しください

インプラントインプラントは外科的な処置を行う必要があり、体への負担は無視できません。また、金額的な負担や術後のメンテナンスなどの負担が大きいのも事実です。他院でインプラントを勧められて迷っている方は、まずフレキシブルデンチャーを試されてみてはいかがでしょうか。

フレキシブルデンチャーの資料請求はこちらから

欠損本数が多い場合などインプラント治療の方が適当と思われる場合は、信頼できる専門施設をご紹介いたします。

まずはご相談ください

まずはご相談ください 県外からお越しの方 車でお越しの方
お問い合わせフォーム