根本的に治す歯周病治療

periodh.jpg

歯周病はもう治らないと諦めていませんか?当院では、原因を見極めた治療と徹底的な予防で歯と歯ぐきを守っていただきたいと考え、歯周病治療に注力しています。また、歯周病菌を完全に除去する北欧式予防管理型・根本的歯周治療システム「ラストワントリートメント(口腔内病原菌除去システム)」も導入し、根本的な歯周病治療もご提案しています。

5人に4人が歯周病!やがて歯をなくす原因にも

歯周病日本では成人の約80%がかかっていると言われる歯周病は、歯を支えている骨を溶かしていく恐ろしい病気です。サイレント・ディジーズ(静かなる病気)とも言われ、気づいたときにはかなり進行しているのが特徴です。そのまま放置しておくと最後には歯を失うことも多いのです。

<歯周病の主な症状>
・歯ぐきから出血する
・口臭がひどくなってきた
・口の中がネバネバする
・歯ぐきが赤くなっていたり、腫れていたりする
・歯ぐきから膿が出る
・歯ぐきが下がって歯が長くなったように見える
・歯がグラグラする

歯周病の原因とは
歯周病の原因は、歯垢や歯石に存在する細菌(歯周病菌)とそれらの菌が作り出す毒素によるものです。歯周病菌は生まれたての赤ちゃんのお口の中には存在しません。夫婦間(水平感染)や親子間(垂直感染)により感染します。そして、お口のケアや不規則な食生活などが関わる生活習慣病でもあります。

歯周病はどのように進むのでしょうか?
歯周病の進行

●正常な歯ぐき
歯ぐきは引き締まり、出血もありません。

●初期の歯周病
歯ぐきが少し腫れて、歯石がついています。

●中等度の歯周病
歯ぐきの深いところに歯石がつき、骨がなくなりつつあります。

●重度の歯周病
骨が半分以上なくなり、歯がグラグラしてきます。

歯周病は全身疾患とも大きな関わりがあります

歯周病歯周病菌は、お口の中だけでなく、全身の病気を引き起こすことが最近の研究で明らかになってきました。歯ぐきには血管が多数あるため、歯ぐきからの出血時に歯周病菌が血管に入り込み、全身へと運ばれていきます。そして、棲みついた先の臓器でさまざまなトラブルを引き起こすのです。全身の健康維持のためにも、歯周病の治療と予防は重要です。

細菌性心内膜炎
細菌性心内膜炎のほとんどは、歯周病菌が原因です。また歯周病菌は血栓を形成し、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす危険性が指摘されています。

糖尿病
血糖値の高い状態が長く続くと、歯周組織に炎症を起こしやすくするだけでなく、歯周病の進行を早めることが知られています。

誤嚥性肺炎
細菌を含んだ食べ物や唾液が食道を通らず誤って気道に入ってしまうと、細菌が肺や気管支に感染して発症します。高齢者や寝たきりの方に多くみられます。

早産
歯周病菌が出す毒素や炎症性物質が血液中に入って胎盤を刺激することにより、胎児の成長に影響を与えたり子宮の収縮を促したりするなど、低体重児出産や早産のリスクが高まると言われています。

歯医者さんの検査で歯周病が悪化することがある?

歯周病通常の歯科医院では、歯周病の患者様が来院されると、まず歯周病によって破壊された歯ぐきの深さをプローブという器具を使って測定する「歯周ポケット測定」を行います。しかし歯周病の方の歯ぐきはとても出血しやすいため、プローブを突っ込むことにより出血し、その破れた血管から歯周病菌が全身へと回って細菌性心内膜炎などの全身疾患を引き起こす可能性があると言われています。

当院では、そのような人為的な事故が起こらないように、歯周病菌を殺菌できる機能水でまず歯の周りを洗浄してから検査を行うようにしています。

※機能水を用いた殺菌処置は、自費診療の歯周病治療のみとなります。

原因に働きかけて徹底的な治療を行います

歯周病治療軽度の歯周病治療では、歯科衛生士が歯石を取り除くスケーリングとクリーニングを行い、歯周病菌が再び繁殖しにくい口腔内環境を作っていきます。術前には必ずお口の中の歯周病菌の有無や種類を位相差顕微鏡でチェックし、精度の高い治療を心がけています。

従来、進行した歯周病に対する治療は、歯ぐきを切開し、歯の根っこにこびりついている歯石を根こそぎ取る外科的治療が主流でした。しかし歯周病はお口の中全体に広がっている病気ですから、数回に分けて手術を行う必要があり、身体的・精神的・経済的にも非常に負担の大きい方法です。

そこで当院では、タンパク質分解型除菌水として注目されているPOIC(ポイック)ウォーターを取り入れた根本的歯周病治療法「ラストワントリートメント(口腔内病原菌除去システム)」を導入しています。頻繁に来院できない方、その場しのぎではなく根本的に歯周病を完治したい方にお勧めしています。

歯周病を徹底的にコントロール「ラストワントリートメント」

ラストワントリートメント奥歯の裏側や細かい隙間、1本1本の歯にある細かくて形状の異なる溝など、お口の中には磨きにくい箇所がたくさんあります。こうした部分には細菌が溜まりやすく、集まった細菌は歯の表面に「バイオフィルム」と呼ばれる膜を張って固着してしまいます。このバイオフィルムの破壊・除去は、従来は機械的にこそぎ取る手段でのみ可能と言われてきました。

POICウォーターは、人体への影響を最小限に抑えつつ、歯周病菌が作るバイオフィルムを破壊できる機能水です。高濃度の次亜塩素酸で溶菌するため、たった15秒の洗口で殺菌することができます。当院では、このPOICウォーターを歯周病治療に組み込んだ独自の新しい治療法「根本的歯周病治療法 ラストワントリートメント」を提供しています。

ラストワントリートメント治療のメリット
今でも広く行われている外科的治療と比べると、ほとんど痛みを伴いません。同じ症状の場合、一度に多くの部位を少ない回数で確実に除菌して治療ができるため、精神的にも肉体的にも患者様の負担の少ない優しい治療法です。また外科的治療では半年から1年かかっていた治療期間を大幅に短縮することができ、1か月前後で終わるのが特徴です。

歯をなくす前の自分への投資として歯周病治療
「ラストワントリートメント」は、残念ながら自費診療となります。しかし、歯を1本失ったと想定した場合、その部位をインプラントで補ったとすると最低でも30万円はかかります。インプラントが2本3本と増えるにつれて、その治療費も莫大なものとなっていきます。ラストワントリートメントでは、インプラント1本分の1/3~1/2程度の治療費で済みます。

歯周病がひどくなり歯を失ってしまう前に、この根本的歯周病治療を受けることにより、将来的に歯にかけるお金が節約できます。また、何でもしっかり食べて健康を守ることができ、人前で口元の見た目や口臭などを気にすることもなく、充実した生活を送ることもできます。見方を変えれば、意味のある自己投資と考えられるのではないでしょうか。

当院では、お口の中の病気を治すということだけにとらわれるのではなく、肉体的な健康と精神的な健康の双方を対象として(トータルヘルス)お口の問題を捉え、患者様個人個人に適したオーダーメイド治療プログラムを組んでいます。

最先端歯周病PDT治療 「ペリオウェイブ」

当院では光殺菌(PDT)による最新の歯周病菌殺菌システム「ペリオウェイブ」を導入しています。メチレンブルーを主成分としたバイオジェルで細菌を染色し、無熱の赤色光と化学反応させる事で活性酸素を発生させ細菌を死滅させます。インプラント周囲炎に対しても効果的で現在世界が注目している最先端の光殺菌技術です。

laser_002.jpg

PDT ( photo dynamic therapy)とは光線力学療法と呼ばれる「光による殺菌システム」です。一般的に人の口の中には約数百種類以上の細菌が生息していると言われ、その中の数種類の菌が歯周病を引き起こします。PDTの原理としては、「バイオジェル」と呼ばれる染色液で、歯周病菌を染めます。バイオジェルは光感受性物質であり、光を吸収すると化学反応が起こり活性酸素を大量に発生させます。そして、この生体に安全な活性酸素は細菌を殺します。

<ペリオウェイブの特徴>
・短時間で済む(歯1本あたり約1分ほど)
・抗生剤を服用できない方(妊婦さんetc.)でも使用できる
・耐性菌が発生しない
・痛みがほとんどない
・耐性菌を保有していても治療できる

Periowave.jpg

ペリオウェイブの留意点
・多くの場合、急性症状は1~3回の処置で改善されます。
・お口の状態によりますが、その有効性はおよそ1~3ヶ月ですので定期検診時の施術をお勧めします。
・ペリオウェイブは保険適応外の自費治療になります。詳細は一度お尋ねください。

保険診療も行っています

当院ではもちろん保険適用の歯周病治療も行っております。歯周病でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

まずはご相談ください

まずはご相談ください 県外からお越しの方 車でお越しの方
お問い合わせフォーム