徹底的に痛さと怖さを解消した虫歯治療

虫歯治療

「痛いから」「怖いから」歯医者さんは苦手......と思っていませんか?
当院は、そんな歯科治療が苦手な方にこそ来ていただきたいと考えています。

歯科治療に対する「痛い」「怖い」というマイナスイメージを取り除くために、レーザー治療や笑気麻酔などの痛みを軽減する治療法や機器を取り入れるとともに、患者様の恐怖心を取り除くためにさまざまな工夫を実践しています。「痛くない」「怖くない」歯科治療に自信があります。

痛くない治療についてはコチラ

ドックベストセメント

docs.jpgドックベストセメント(ドックスベストセメントととも言います)とは、アメリカで開発されたお薬で、今までのむし歯菌を削って治すという治療法とは異なり「むし歯を削らないでミネラルで殺菌し再生する」 という画期的なものです。ドックベストセメントは、アメリカ最大の歯科関連団体であるADA(アメリカ歯科医師会)において安全な薬剤として許可を受けています。


ドックベストセメントに含まれる銅などの様々なミネラルがむし歯菌を殺菌、そして虫歯菌の酸によって軟らかく溶けかかった歯質を硬くしてくれます。
つまり、ただ虫歯が治るだけではなく、再発を予防してくれる大変優れたお薬です。ドックベストセメントのミネラルはむし歯菌を殺菌する成分を半永久的に出し続けます。


通常のむし歯の場合

通常のむし歯の場合、麻酔をしてドリルでむし歯を削りますが、そうすると健全な歯質にも目に見えないレベルの微少なクラック(ひび)が生じ、むし歯の部分をプラスチックで削ってもその周りのクラックの部分からむし歯がまた進行することになります。

当院では「削らない治療」をご提案しております。むし歯はドリルを使わずに取れる分だけ取り、その上からドックベストセメントを塗布し、最終的にセラミックを含有した硬質プラスチックで穴を塞ぎ治療を終了します。

神経を取らなければならないぐらいの深いむし歯の場合

通常の保険診療の範囲であれば大きく深いむし歯の場合は歯の神経を取ってしまいます。そして神経を取った後にはゴムを詰め、上から銀の被せを入れたら終了です。しかし、歯の神経をとても複雑な形をしており全部を取りきることは不可能であり、取り残した神経は腐敗し最近の住み処となり将来的には根っこの先に病巣を作る可能性がとても高いのです。その病巣はただ単に痛みを出したり腫れたりというだけでなくリウマチや心内膜炎、卵巣嚢胞、消化管疾患などの全身疾患に罹患することがわかっています。

当院では「歯の神経を取らない治療」をご提案しています。むし歯はドリルを使わずに取れる分だけ取り、その上からドックベストセメントを塗布し、通常のむし歯と同じように最終的にセラミックを含有した硬質プラスチックで穴を塞ぎ治療を終了します。

また当院ではストリークレーザーとの併用をお勧めしています。レーザーにより初期むし歯の表面を焼き固めてしまうことによりむし歯菌を滅菌し、なおかつ歯質を強化することによりむし歯が再発するのを防いでくれます。ストリークレーザーとドックベストセメントを一緒に使うことにより効果が倍増します。

ドックベストセメントによる処置はすべて保険外治療になります

削らない、神経を取らない最新のレーザー「ストリーク」

streak300.jpg
歯科医院でむし歯治療に使用するレーザーにはたくさんの種類がありますが、当院では最新のネオジウムヤグレーザー(Nd;YAGレーザー)を中四国エリアで初めて導入いたしました。現在のところ、山口県下では唯一の導入医院です。このヤグレーザーは、他のレーザー機器とは異なり高出力で深部まで届きやすく、また、そのレーザー自体に麻酔能力(鈍麻)があり通常の針による麻酔を必要としないのが特徴です。初期むし歯の治療にはレーザーを照射するだけで削ったり詰めたりする必要がありません。また、今までであれば神経を取らなければならないような大きなむし歯でもこのレーザーであれば神経を残せる可能性があります。

ダイアグノデントで初期むし歯と判定された歯は通常経過観察を行いますが、ほとんどの場合そのままむし歯が進行しやがては治療が必要となります。一度削って詰めた歯はいずれはその隙間からむし歯が進行し再治療になり、それを繰り返すことによりやがてはボロボロになり抜歯というケースも決して少なくはありません。当院ではそういう事にならないよう初期むし歯にはストリークによるレーザー治療を勧めています。レーザーにより初期むし歯の表面を焼き固めてしまうことによりむし歯菌を滅菌し、なおかつ歯質を強化することによりむし歯が再発するのを防ぐのです。carieswithraser300.jpg

神経までむし歯が進行し痛みがある歯
むし歯が神経まで進行し痛みがある歯の場合、通常歯の神経を取る処置を行います。しかし、神経を取った歯は枯れた木と同じで血管による水分の供給がなくなることにより年を経る毎に段々と脆くなり、咬む力に耐えきれず破折してしまうことが多いのです。つまり歯の神経を可能な限り残すことがベストなのですが、今までむし歯の痛みは非可逆性で一度そういう状態になった神経を残すことは不可能と言われてきました。しかし、ストリークレーザーはそんな痛みがある状態でも鎮静化し、神経の活動を賦活させることにより残すことが可能である場合があります。

ストリークレーザーによる処置はすべて保険外治療になります

削らない、抜かない、神経を取らないことが基本

虫歯治療従来の虫歯治療は、虫歯部分をドリルで削り取ることが一般的でしたが、歯科治療技術の進歩によって、できるだけ歯を削ることなく、神経も取らない治療ができるようになりました。「削られるのが嫌」「怖い」という患者様にも安心して治療を受けていただけます。

虫歯の診断には、レーザーを用いた虫歯測定器ダイアグノデントを使用しています。これは、レントゲンや肉眼では発見できない初期の虫歯を発見することができます。もちろん痛みはありません。患者様に負担をかけることなく的確に虫歯の深度や重症度を把握し、必要な治療だけを行うことができます。

どうしても抜歯が必要な場合の対処
できるだけ歯を抜かない方針ですが、ほかに治療法がなく、周りにある別の歯やお口の中全体に悪影響を与える場合、残念ながら抜歯をご提案することがあります。じっくりとカウンセリングを行って今後の治療計画をご提案し、患者様が理解し納得されてから、抜歯します。

虫歯の進行と最適な治療

【う蝕0~1度】痛みはなく、歯の表面に小さな穴があいているC1
●症状
歯の表面を覆っているエナメル質が虫歯菌によって溶かされています。歯に小さな穴があいていますが、まだ象牙質に達していないため痛みはありません。

●治療
削らなければならない部分にフッ素、リカルデントなどを用いて再石灰化を促します。

【う蝕2度】冷たいものや甘いものを食べたときにしみるC2
●症状
虫歯が象牙質に達しているため、冷たいものや甘いものがしみて、歯に触ると痛みを感じます。

●治療
虫歯の範囲が小さい場合は保険適用の白い詰め物をし、虫歯の範囲が広い場合は麻酔をかけて虫歯の部分を取り除き、詰め物を製作して装着します。

【う蝕3~4度】激しい痛みを感じるC4
●症状
虫歯菌が象牙質まで溶かし、神経まで達した状態です。激しい痛みを感じることが多く、神経が壊死してしまった場合は膿が出たり歯ぐきが腫れたりします。

●治療
根管治療を行います。麻酔をして壊死した神経や膿を徹底的に取り除き、被せ物を装着します。症状によっては抜歯する場合もあります。

まずはご相談ください

まずはご相談ください 県外からお越しの方 車でお越しの方
お問い合わせフォーム