きれいな水で安心安全な治療を

歯科の診療台で使う水(紙コップの水、削る機械から出る水)は一応フィルターを通ってはいるのですが、実のところそれほどきれいな水とは言えないのです。当院では量子水生成装置「vG7(ニュージーセブン)」を導入することによりきれいな水を治療に使用しています。患者様には安心安全な環境で治療あるいはメンテナンスを受けていただきたいというのが当院の理念なのですが、この度のvG7の導入によりさらに安心安全で精度の高いものをご提供しております。

vG7big.jpg

(アメリカでは歯科治療に使う水に含まれる従属栄養細菌についての基準が定められており、従属栄養細菌数についての基準はADA(米国歯科医師会)では200CFU/ml以下となっています。
日本では最近になってようやく、水質の衛生状態を定めた「水質管理目標設定項目」に従属栄養細菌の項目が追加されました。その目標は「2000CFU/ml以下(暫定)」となっています。しかし、日本の歯科医院では、水質に関しての衛生環境整備の遅れから、現在でも歯科ユニットの給水管内に1mlあたり数千から数万の細菌が検出され、未だに目標値をクリアしている歯科医院が少ないというのが現状です。)

「vG7」は水中の最近数を限りなくゼロに近づけることが可能です。

まずはご相談ください

まずはご相談ください 県外からお越しの方 車でお越しの方
お問い合わせフォーム