当たり前のこととして、安心・安全の感染対策を実施

徹底した感染対策

衛生管理は、歯科医院の医療に対する姿勢が最も顕著に表れるところです。当院では、最高レベルの滅菌システムを導入し、感染予防対策を徹底しています。また当院は、厚生労働省の指定した安全基準である『歯科外来診療環境体制(外来環)』の認定を受けたクリニックです。

安心・安全な治療を行うために、診療に用いた器具は、消毒薬を満たした超音波洗浄機で一次消毒したあと、治療ごとにオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)で徹底的な洗浄を行い、完全に乾燥と滅菌を行って保存しています。歯を削る器具や歯の内部を掃除する小さな器具は、超音波洗浄機で洗浄したあと、乾熱滅菌器で滅菌しています。

徹底した感染対策徹底した感染対策

また、ゴムやプラスチックなどの加熱できない器具はオゾン水で殺菌しています。オゾン水は非常に強い酸化力を持ち、その殺菌力は塩素の7倍とも言われています。さらに口腔外バキューム(口腔外吸引器)を各診療台に設置し、歯を削るときに飛散する汚染された空気や水分までを吸い取るなど、万全の感染対策を実施しています。

タービンまで患者様ごとに徹底滅菌

歯を削るタービンやハンドピースは治療中に血液や唾液を吸い込む可能性もあるので、器械内部まで滅菌する必要があります。しかし、患者様ごとに滅菌するためには高価な器械が何十本も必要となり、しかも高温で滅菌するため器械の傷みも早くコストがかかるため、実は実施している歯科医院はとても少ないと言われています。

徹底した感染対策徹底した感染対策

当院では、タービンやハンドピースも十分な数を揃え、1本1本高温滅菌器で滅菌し、紫外線の殺菌灯がついた保管庫で使用する直前まで収納しています。

また、患者様が使う紙コップやエプロン、歯科医師や歯科衛生士が使う手袋、注射針などは、1回の治療ごとに使い捨てるディスポーザブルタイプを使用し、治療後は速やかに廃棄処分を行っています。

きれいな水で安心安全な治療を

歯科の診療台で使う水(紙コップの水、削る機械から出る水)は一応フィルターを通ってはいるのですが、実のところそれほどきれいな水とは言えないのです。当院では量子水生成装置「vG7(ニュージーセブン)」を導入することによりきれいな水を治療に使用しています。患者様には安心安全な環境で治療あるいはメンテナンスを受けていただきたいというのが当院の理念なのですが、この度のvG7の導入によりさらに安心安全で精度の高いものをご提供しております。

vG7big.jpg

(アメリカでは歯科治療に使う水に含まれる従属栄養細菌についての基準が定められており、従属栄養細菌数についての基準はADA(米国歯科医師会)では200CFU/ml以下となっています。
日本では最近になってようやく、水質の衛生状態を定めた「水質管理目標設定項目」に従属栄養細菌の項目が追加されました。その目標は「2000CFU/ml以下(暫定)」となっています。しかし、日本の歯科医院では、水質に関しての衛生環境整備の遅れから、現在でも歯科ユニットの給水管内に1mlあたり数千から数万の細菌が検出され、未だに目標値をクリアしている歯科医院が少ないというのが現状です。)

「vG7」は水中の最近数を限りなくゼロに近づけることが可能です。

万全の対策であることは、スタッフ自身が知っています

徹底した感染対策感染対策は、目で見てわかるものではありません。だからこそ手を抜かず、当たり前のこととして毎日の環境整備に努めています。安全・安心な治療のためにできる限り努力することは、医療を提供する歯科医院として当然のことと考えています。

感染対策は、私たち歯科医院で働く者にとっても重要です。当院では、スタッフが安全に気持ちよく働ける環境を目指して感染対策を施し、清潔な環境や安全性を高める意識を共有しています。不安や疑問に思われることがありましたら、いつでも遠慮なくお申し出ください。

まずはご相談ください

まずはご相談ください 県外からお越しの方 車でお越しの方
お問い合わせフォーム